アイデア共有ブログ

アイデア術・株・お笑い・漫画・ライフハックなどを共有

上司との接し方が分からない!? そんな人へのアドバイス

スポンサーリンク

*この記事は、相内秀太さんとの協力で書きました。

 

上司との接し方が分からない

20代の人なら1度は悩んだことがあるかもしれませんが、やはり上司との接し方が分からないと悩んでいる人は一定数いるのではないでしょうか? 仕事ではチームで働くことがほとんどであり、さらに自分との相性が悪い人とも接する必要がどうしてもあります。

 

しかし、どんなことにもコツというのは存在し、おそらく上司との接し方にもいくつか正しいやり方はあると思います。

f:id:Esper1029:20170914170604j:plain

 

そこで、今回は相内秀太さんとの協力で、上司との接し方について記事を考えてもらいました。相内秀太さんは、心理学の知識も豊富であり、そのアドバイスは役に立つのではないかと思います。

 

「上司との接し方」

上司との接し方について,二つの面からお話させていただきます。

①上司に評価されるためには!?

②上司と円満な関係を築くためには!?

この2点からお話させていただきます。

 

上司に評価されるためには!?

一言で言うと「上司の評価を得ようとして行動しないこと」です。何だか上司の評価を得ることと矛盾しているようにも思えますが,例えば上司の命令が明らかに会社にとってマイナスになるようなことだったとしてもあなたは上司に従うでしょうか?

 

従えば上司の気分はよくなるかもしれません。しかし,結果会社にとってマイナスになってしまえば上司の気分を良くしただけで上司の評価を得られるわけではありません。

 

というわけで上司の評価を得るためには「上司の評価を得ようとして行動する」のではなく「どうすれば会社に貢献することができるのか考えて行動する」ことです。

 

当たり前のことですが,会社員の目的は会社に貢献することです。その目的を見失わない姿勢は必ず上司が評価してくれます。

 

仮に上司の命令よりも会社に貢献できる案があればどんどん発信してみましょう。「そんな案じゃだめだ」と否定されることもあるかもしれませんが,「こいつは会社のために真剣に考えてくれている」という姿勢は必ず評価につながるでしょう。

 

f:id:Esper1029:20170914171046j:plain

 

上司と円満な関係を築くためには!?

上司の指示の受け取り方が大切です。とにかく上司からの指示は元気よく「ハイ!」 上司からの叱責は「すみません!」これが大事です。

 

上司の指示よりもいい案があっても必ず第一声は元気よくハイと返事しましょう。間違っても第一声で「いいえ」「違うと思います」などの否定的な言葉を言ってはいけません。

 

建設的な意見を主張するのであれば,必ず最初にハイと言ってそれから「こちらの案はどうでしょうか・・・?」と言うようにしましょう。

 

たかが返事,されど返事。返事次第で上司と円満な関係が築けるのなら実践した方がいいに決まってます。実践して上司と円満な関係を築きましょう。

 

いかがでしたでしょうか? 特に今回挙げた2点は新入社員でも実践しさえすれば絶大な効果を発揮するものです。上司との接し方について不安がある方はぜひ実践してみてください。

 

終わり

このブログでは、「上司との接し方」のみにフォーカスしましたが、相内秀太さんのブログでは、さらに多くの有益な情報があり、一読の価値はあると思います。

 

もしよければ、相内さんのブログを読んでみてくださいね。


 

あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

 

 

可愛い上司を困らせたい 1巻 (まんがタイムコミックス)

可愛い上司を困らせたい 1巻 (まんがタイムコミックス)