アイデア共有ブログ

アイデア術・株・お笑い・漫画・ライフハックなどを共有

【TOEIC800以上】覚えやすい!上級者向けの英単語暗記ツール

英語は上級になるほど単語力

最近、また英語を勉強しております。英語を苦手としている人は大変多く、その最大の原因は英語の単語暗記ではないでしょうか。

 

単語暗記は上級者でも苦手です。

 

TOEIC800以上、いやTOEIC満点でさえも英語では知らない単語が当たり前のように遭遇します。

 

それもそのはずで、TOEIC800点でも必要な語彙は8000語で十分ですが、ネイティブは3万から4万語の単語を覚えており、実に4倍以上の差があるわけです。

 

ネイティブに近い英語力を身に着けるには、この3万から4万語を覚えるという苦行をしなきゃいけないと言っても過言ではありません。

 

現在、僕は英検1級やTOEFL向けの単語暗記をしており、語彙力は1万語以上ありますが、これでもネイティブの3分の1以下の語彙力なのです。

 

f:id:Esper1029:20190814050318j:plain

 

大学受験用やTOEIC向けだと質の高い単語帳やアプリが山のようにありますが、上級者になればなるほど、使いやすい単語サイトやアプリが減るのは悲しいところです。

 

そこで、上級者向けの良いサイトをないかと色々探した結果、一番コスパの良い方法はこの2つのサイトを使うことじゃないかと思ったわけです。

 

weblio単語帳

英検1級などを目指す人が好んで使うサイトで有名です。基本無料で使えますが、有料会員でも月額数百円で済みます。

 

上級者向けにお勧めなのはこの点です。

①有料会員だと最大2万語を登録できる単語帳があること

 

②TOEFL、英検1級、TOEIC950の単語テストができること

f:id:Esper1029:20190814042832p:plain


③単語テストで間違った単語をボタン一つで一括登録してくれること

f:id:Esper1029:20190814042728p:plain



④簡単な操作で英語サイトの知らない単語を単語帳に登録できること(PCのグーグルクロムのアプリ限定)

f:id:Esper1029:20190814043035p:plain

 

などがあります。

 

このサイトで一番お勧めできる暗記法は、ひたすら単語テストをやることです。

 

単語テストで間違えた単語をボタン1つで登録することができるので、自分が特に苦手な単語だけ集めた単語帳が生まれます。

 

Quizlet

これだけで十分コスパの良い単語暗記ツールであることは間違いありませんが、ちょっとだけ不満があります。

 

それは、登録した単語を効率良く覚えることができないということです。

 

weblioで登録した単語帳でも復習用のテストができ、決して悪くないのですが、最近の質の高いスマホのアプリと比べると、どうしても見劣りします。

 

そこで、こちらのサイトが使えるわけです。


英単語に限らずあらゆるジャンルで使える暗記サイトですが、無料会員でもめちゃくちゃ使いやすいです。

 

僕はこちらのサイトでは無料会員として使ってます。

 

ここでは、一度登録した英単語をあらゆる方法で覚えることができます。

 

ですから、単調な単語暗記でもなんとか飽きずに継続することができるのです。

 

このような4択のクイズもできますし

f:id:Esper1029:20190814034207p:plain

 

フラッシュカード形式の暗記もできますし

f:id:Esper1029:20190814034330p:plain

 

ゲーム形式の暗記もできますし

f:id:Esper1029:20190814034459p:plain

 

無駄に凝ったゲームもできます。

f:id:Esper1029:20190814034654p:plain

 

さらに、英単語の音声と日本語の音声の読み上げもできますので、音声聞き流しの暗記もできます。すごい。

 

しかも、無料会員でここまでできちゃうんだから驚きです。

 

weblio単語帳からQuizletに単語を登録する方法

そこで、weblioからQuizletに単語を登録したいわけですが、ここでひと工夫しなければいけません。

 

weblioの単語帳から登録した単語をダウンロードできますが、このような英単語のみしか書かれていないファイルしか得られません。

 

f:id:Esper1029:20190814035546p:plain

 

だから、日本語訳はダウンロードできないのです。100~200単語もの単語をいちいち日本語の意味を調べるの大変なので、僕はグーグル翻訳を利用しています。

 

これらの単語をグーグル翻訳に貼ると、きれいに一単語ずつ翻訳してくれます。

 

f:id:Esper1029:20190814035932p:plain

 

後は、これをコピーしてエクセルなどに貼ればよいわけです。

 

Quizletではエクセル形式のファイルからコピーしたものを一括登録できますので、これでひとまとめに英単語と日本語訳を登録できます。

 

ただし、グーグル翻訳にはまだ意味不明な翻訳をしているのがあるので、怪しいのはQuizletで適宜訂正しないといけません。

 

ここでもQuizletの凄いところが発揮するのですが、英単語を入力すると実は自動でその意味を表示してくれるのです。しかも日本語訳だけじゃなくて、英訳まであります。

 

例えば、fallowという単語だと

f:id:Esper1029:20190814040801p:plain


f:id:Esper1029:20190814040713p:plain

 

と自動で日本語訳と英語での定義が出てくれます。

 

上級者の中には英語は英語で覚えたい人も多いと思いますが、こういった期待にも応えてくれるのです。

 

それでも数百の単語の日本語訳を一単語ずつ自分で設定するのは大変なので、僕はグーグル翻訳で一括でまとめて日本語訳を作ることをお勧めします。

 

まとめ

今回紹介したサイトはどちらも上級者には嬉しい機能がたくさんあり、しかも低価格で出来るという点でもぜひ活用してほしいです。

 

Weblioは有料会員じゃないと使いにくいと思いますが、どうしても無料じゃないと嫌な人は英語サイトなどで知らない単語を見つけたら、その都度Quizletに登録する方法もあると思います。

 

あるいは、英検1級やTOEFLの紙の単語帳で、どうしても間違えるものだけ、Quizletに登録するという方法もあります。

 

今回は、上級者向けに紹介しましたが、もちろん初級者や中学校の定期試験にも使えるはずです。

 

ぜひ、試してみてください。