アイデア共有ブログ

アイデア術・株・お笑い・漫画・ライフハックなどを共有

あなたに才能がなくても楽して1億円を稼ぐ方法

スポンサーリンク

楽して1億円を稼ぐ方法

ブログのタイトルが大それたものになっていますが、結構本気で紹介する稼ぐ方法です。少なくとも、1億円以上を稼ぐ方法の中では最も楽に稼げる方法の1つなのは間違いありません。

 

1億円という資産は考えてみるととんでもない数字です。年収が1000万円を超える人でも単純計算で10年以上は働かないと貯まらない金額です。これは所得税などの税金や生活費を考慮すると、さらに長い年月となります。僕の姉の夫は、誰もが知る有名企業に勤めていますが、年収は1000万には届いていないそうです。その人でさえも1億という金額に達成するには20~30年の労働が必要になるわけです。

 

貯金が好きな日本人

日本人は世界でも稀にみる貯金好きな人が多いので、多くの人はまじめに貯金をし、節約をしながらの生活を送っていますが、その努力をしても1億という資産はそう簡単には達成しません。

 

f:id:Esper1029:20171207125735p:plain

 

しかも残念なことに、日本の景気はまだ回復しているとは到底思えない状況の上、最近はAIなどの新しい技術の発展により、むしろ高給が期待できる頭を使うホワイトカラーの仕事がなくなる可能性さえもでてきました。もはや、公務員や医者などの規制産業くらいしか安定して稼げる職業はないのかもしれません。

 

外国で稼いでみよう

そういった不安定な日本ですが、抜け道というのはあるとは思います。まず、日本でお金を稼ぐという発想を捨ててみるのです。日本ではなく世界を見渡せばお金を稼ぐチャンスはたくさんあるかもしれません。

 

しかし、できれば日本にいながらお金を稼ぎたい人のほうが多いでしょう。そこでおすすめするのが、アメリカの株を投資するという方法になります。

 

投資と聞くとギャンブルなイメージを持つ人が異常に多いのが日本人ですが、少なくとも今回紹介する方法はギャンブルとは言えません。まず、次のグラフを見てみましょう。

 

f:id:Esper1029:20171207062229p:plain

 

これは過去5年間のS&P500のグラフです。グラフのことをチャートとも言います。S&P500とはアメリカ版の日経平均株価と思ってください。このチャートを見れば分かりますが、アメリカの株価はここ5年間は右肩上がりなのです。

 

どうせたまたま上がっているだけじゃないの?と思う人もいるかもしれませんので今度はさらに長い年月のチャートを載せます。

 

f:id:Esper1029:20171207062840p:plain

 

今度は1982年から現在までのチャートです。ITバブルの崩壊とサブプライムローンがあった年は株価は下落していましたが、それ以外の年はほぼ右肩上がりだったのです。

 

日本人は投資をしない一方、アメリカでは一般的な家庭の人でも投資をするのですが、これには明確な理由があるわけです。要は、アメリカの市場は稼げるから投資をする。一方、日本の市場は稼げないから投資をしないとういわけです。(笑)

 

だったら、日本人は思い切ってアメリカに投資をしてみたらいいんじゃないかという発想なわけですね。日本は現在はアベノミクスで盛り上がっていますが、アメリカはここ30年間毎年アベノミクス状態と思っていただいて構いません。

 

S&P500とは?

アメリカに投資をすると言いましたが、僕はアメリカのS&P500に投資をすることをおすすめします。先ほど述べたようにS&P500とはアメリカ版の日経平均株価と思ってください。名前の通り、アメリカの上位500社の株価の平均です。アメリカの上場企業は1万以上ありますが、そのうちの優秀な500社を集めたものです。コカ・コーラ、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、P&G,アメリカンエキスプレスなど誰もが聞いたことがある世界的な企業もこの中に含まれています。

 

だから、下手に日本の株を買うよりは、このようなアメリカの大企業の株を買うほうが安心ですよね。しかも、500社の平均を買うわけですから、仮に1社が倒産しても影響はまったくありません。アメリカ経済が崩壊でもしない限りは非常に安全な投資先となります。

 

このS&Pのパフォーマンスは優れています。ここ30年間は年平均8%の成長率なのです。仮に100万円投資をしたら、1年後には108万円になるわけです。

 

ここ30年間で平均8%とさりげなく書きましたが、これはとんでもない数字です。この30年間の間、アメリカにはとんでもない事件がありました。歴史上最大の暴落と言われるブラックマンデー、ITバブルの崩壊、同時多発テロ事件、100年に一度と言われる金融危機のリーマンショックなどなど。そういった大事件があったにも関わらず、アメリカの株は毎年8%ずつ上昇していったわけです。

 

アメリカの株が強い理由

アメリカの株はなぜこんなにも上がるのでしょうか。アメリカ株はヨーロッパ企業の株と比べても上昇率が高く先進国では一番上がりやすいのです。

 

理由はいくつかあると思います。

 

・世界一の経済国だから

世界最大のGDPは今も健在で安定性は抜群ですよね。アメリカのカリフォルニア州のGDPはフランスに匹敵します。さらに、人口も増え続けているのだから驚きです。

 

・国土が広いから

これは意外と重要です。日本の株がリスキーな原因の1つは日本が地震大国だからというのは見過ごせません。東日本大震災で原発事故が起きたときは日本の株価は大暴落しました。国土が狭い日本でこのような事件があれば大きな影響力があります。

 

しかし、アメリカの場合似たような事件があっても、そこまで影響力はないでしょう。アメリカは国土が広いため大災害やテロがあっても、そこまでダメージがないのです。アメリカにも原発事故はありましたが、株価に与える影響は日本ほどではありませんでした。

 

・基軸通貨であるドルがあるから

アメリカの通貨のドルも強みです。日本では民主党政権時代、極端な円高で輸出企業が苦しい思いをしてきました。しかし、アメリカの場合、ドル高になってもドル安になってもそこまで影響はないのです。元々ドルが基軸通貨なため、輸出しようが輸入しようが、相手国もドルで取引してくれることがあるためです。うらやましい。

 

・企業は株価を上げるために努力をするから

アメリカは資本主義の代名詞とも言えます。資本主義では資本家(株主)が強いのです。アメリカ企業は株価を上げるためなら従業員を平気で首にすることもあります。例えば、P&Gという会社が1万人以上の従業員を首にすると発表し株価が上がったこともあります。日本と違い、株価を上げるためなら何でもするわけです。株価が上がらないなら、社長が首になることもあるので社長も必死ですね。

 

・アメリカ人は楽観主義だから

アメリカ人は日本人と違いポジティブ思考です。意外とこれも影響があるんじゃないかと思います。日本人は安定志向なので株を買おうとはしませんが、アメリカ人は楽観的なので割と株を買ってくれるのです。株を買う人がたくさんいれば、当然株価は上がりやすくなります。

 

・アメリカの周辺に敵国がいないから

これも結構重要です。日本の隣にはロシアと北朝鮮と中国があります。仮に日本企業が安定的な経営をしていても、これら3国のどれかが事件を起こせば、日本の株はやはり下がるのです。これを専門用語で「地政学的リスク」と言います。一方、アメリカの隣にはカナダとメキシコぐらいしかなく、北朝鮮みたいなややこしい国はありません。アメリカの株は下がりにくいわけです。

 

アメリカ株で1億円を稼ぐには?

では、具体的にどうやって1億円を稼ぐのかを話してみたいと思います。やり方は簡単で、投資をしてほったらかしておくだけです。毎年平均8%上がるのですから、数十年たてば1億円になっています。8%という数字が少ない印象を持たれると思いますが、毎年8%の上昇を積み重ねていけば、とんでもない数字になっていきます。これを複利と言います。

 

実際、エクセルで計算したら分かりますが、

 

100万円を投資すれば60年後には1億円になっています。

200万円を投資すれば51年後には1億円になっています。

300万円を投資すれば47年後には1億円になっています。

 

f:id:Esper1029:20171207094336p:plain

 

さらに、

500万円を投資すれば39年後には1億円になります。

600万円を投資すれば38年後には1億円になります。

700万円を投資すれば35年後には1億円になります。

 

f:id:Esper1029:20171207094525p:plain

 

もちろん、持っているお金が多ければ多いほど、1億円に達成するのが速くなります。ただ、そんなにお金は持っていない人もいるはずです。そこで、おすすめするのが毎月の積立です。毎月例えば、3万円ずつ貯金する代わりにアメリカ株に投資をするのです。浪費をする人でもない限り、ほぼ誰でもできますね。

 

毎月3万円ずつ投資をすれば40年後には1億円になります。

f:id:Esper1029:20171207095457p:plain

 

毎月5万円ずつ投資をすれば34年後には1億円です。

f:id:Esper1029:20171207095718p:plain

 

とにかく、やり方は単純で投資してほったらかすだけです。実際、アメリカにはこの投資法でただのガソリンスタンドの店員だった人が10億の資産を築いたこともあります。

 

どこで株を買えるのか?

もしも興味があるならぜひ挑戦してみてください。株を買いたいなら、自分が預金口座を持っている銀行の窓口に行ってみると大抵は株は買えるはずです。ただ、おすすめなのはやはりネット証券を利用することですね。特にカブドットコム証券はS&P500の株を手数料が無料で購入できますのでお得です。

 

おすすめの投資方法なのは間違いありませんが、やはり株式投資なのでリスクが0%ではありません。しかし、もしも200万円ほど資産があまっているなら、買ってみるのは悪い選択ではないでしょう。数十年後には家が買えるお金に変わっているかもしれないからです。

 

この方法は何よりビットコインやFXよりも安定性が抜群にあることなので、安定志向な人にはお勧めしたいです。

 

才能ない人でも稼げる方法の1つを紹介してみました。

 

僕の意見だけではなく他の人の意見も参考にし、検討してみてください。




 

世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由

世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由