読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデア共有ブログ

アイデア術・株・お笑い・漫画・ライフハックなどを共有

「逆転発想法」でブログのPVを増やす方法を考えてみた

ユニークな見方が問題解決をする!?

現代を生きる私たちは、さまざまな課題に直面しています。日本はバブル崩壊後、長期的なデフレになり、ビジネスがうまくいかない時代を長く経験しています。

 

そんな中、課題を克服するには、人とは違った見方、ユニークな視点と言うものが時には必要になるかもしれません。

 

ところで、こんな時代でもブログを開始して、PVを稼ぎたいと考えている人がいます。そこで、今から紹介する「逆転発想法」でブログのアクセスアップを考えてみました。参考にしていただきたいと思います。

 

f:id:Esper1029:20160311200034j:plain

※イメージ 

 

逆転発想法

逆転発想法の手順

①自分の課題を言葉で表現する

②前提となる事実、条件を箇条書きにする

③書き出した前提を思い込みではないかと疑ってみる

④前提を逆転する。前提条件を反対にして書く。

⑤役に立つと思う、別の視点を紙に書く。

⑥それぞれの逆説をどのようにやり遂げたらいいか自問する。できるかぎりたくさんの視点やアイデアを箇条書きにする。

 

 

この流れに従って発想してみます。まず、課題はこのようにしました。

 

課題「ブログのPVを増やしたい」

 

次に、ブログのPVを増やすための前提条件を箇条書きにします。

 

前提条件
たくさん記事を書く
SNSで拡散する
Google検索で上位を狙う
質の高いコンテンツを書く
興味のある話題やニュースを提供する
ブログタイトルにこだわる

 

などが思い浮かびました。どれも当たり前と言われていることばかりです。

 

次に、この前提条件を逆転します。

 

前提条件を逆転

記事が1つか2つしかないのに、PVが増え続けるブログ。

SNSを全く利用しないで、PVが増え続けるブログ。

Goolge検索で上位にならなくてもPVが増え続けるブログ。

質の低いコンテンツでもPVが増え続けるブログ。

ほとんどの人が興味を示さない話題を提供してもPVが増え続けるブログ。

ブログタイトルにこだわらないのにPVが増え続けるブログ。

 

最後に、この前提条件を実現するためのアイデアを考えます。一見、不可能と思われる条件ですが、本当にアイデアが浮かぶのでしょうか。

 

 

記事が1つか2つしかないのに、PVが増え続けるブログ

コメント欄を充実させる。

記事自体は少ないが、コメントでいろんな人が意見交換をするようなプラットフォームを作る。

例えば、「大喜利」のお題を提供し、読者がそのお題に対して答えを出していったりするプラットフォーム。最初は友達同士で始めたほうがいいかもしれない。

 

SNSを全く利用しないで、PVが増えるブログ

そもそも、最近はSNS経由でアクセスが増えるのかと言うとそうでもないらしい。

 

Goolge検索で上位にならなくてもPVが増え続けるブログ

2chまとめサイトのように、内輪で記事を見せ合って読ませるブログスタイル。

Youtubeで検索上位を狙ってブログに誘導する。

ニコニコ動画やニコ生で動画をヒットさせてブログに誘導させる。

オンラインではなく、オフラインでブログを積極的にアピールする。例えば、友達に「ブログ見てね」と言ったりする。

 

質の低いコンテンツでもPVが増え続けるブログ

質の低いコンテンツがあっても、2chは成功した掲示板だろう。質が少々低くても大量生産されたプラットフォーム、あるいは複数の人間が意見交換しながら作ったプラットフォームは読まれやすいということだ。

また、子ども相手なら少々質が低くても通用することもある。

テレビだと、芸人がすべり芸で逆に売れている場合もあるので、使い方次第なのかもしれない。

質が低いということは逆に親しみや愛着が生まれやすいということだ。高度な知識を振りかざしたブログが必ずしも大量のPVを集めているわけではない。

 

ほとんどの人が興味を示さない話題を提供してもPVが増え続けるブログ

記事自体がつまらなくても、ブログタイトルにこだわりがあれば、記事が読まれることがある。例えば、非常にマイナーなゲームについて書いたブログでもブログタイトルが「この中国製ゲームが日本の○○にそっくり」「このゲームの○○がおかしいのだが」とかにすれば釣ることはできる。2chまとめサイトにはそういった記事が多い。

 

また、ブログで多くの人にとって興味のない話題を扱っていても、部分的に興味のある話題があればPVを集めやすい。例えば、非常に少数の日本人イスラム教徒(ムスリム)に興味を持つ日本人は少ないが、イスラム国の話題やテロには興味を持つ人は多い。よって、イスラム国やテロ事件を扱ったブログを作りながらも、日本人のイスラム教徒にも興味を持たせるように誘導をすることは可能である。

 

実際、このブログは「マインドマップ」というマイナーな分野を扱ったブログだが、うまく「マインドマップ」を書評やライフハックと絡めており、多くのPVを稼ぐことに成功している。参考にしたい。

 

 

ブログタイトルにこだわらないのにPVが増え続けるブログ

オリジナリティの高い記事を作れば、ブログタイトルが平凡でもPVを集めやすい。結局、ブログタイトルにこだわりがあっても、単純にブログが読まれやすくなるだけで、それ以上の効果はないのだ。

本でもタイトルにこだわりがあるものは短期的なヒットは狙えるがロングセラーは難しい。ブログも似たようなものだろう。ブログタイトルは記事の内容に沿ったもののほうがいいのかもしれない。

 

また、ブログタイトルは普通でも、ブログのアイキャッチ画像にこだわりがあれば読まれやすい。オリジナルでかつセンスの高い絵や写真などで人を惹きつけるものがあれば、ブログタイトルなどは無視してもよいのかもしれない。

 

逆転発想法の感想

あくまで、僕の場合ですが、このような発想ができました。(物事を考えるときは「である」調で書くことが多いです。)

 

個人的に面白いなと思った発見は質の低いコンテンツは「愛着」や「親しみ」を生み出しやすいというところです。なるほどと思いましたね。ヒカキンなどもこのようなスタイルで成功したのかもしれません。そういう意味では、隠し味程度に質の低い、親しみが持てるコンテンツも入れてもいいのかもしれません。

 

この発想法は単純な方法なので、パソコンがあれば簡単に始めることができるのが良い点だと思います。

 

ただし、今日紹介したのはあくまで僕のアイデアです。この逆転発想法を参考にしながら、自分の課題解決に役立ててくれたらと思います。

 

 

発想法はこちらの本から引用しました。発想法の辞書みたいな本です。

アイデア・バイブル

アイデア・バイブル

  • 作者: マイケル・マハルコ,加藤昌治 ナビゲート,加藤昌治,齊藤勇 監訳,小沢奈美恵,塩谷幸子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 28回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

こちらもどうぞ。