アイデア共有ブログ

アイデア術・株・お笑い・漫画・ライフハックなどを共有

GPTの英作文はつまらんからもっと面白くしたい

GPTで英作文ができるが


GPTで英作文をしてる人もいると思います。その添削能力は高く非常に丁寧です。

学習の手助けになるのは間違いないです。

 

が、もっと面白くできないかと思いました。

 

 

ただ、このように日本語訳から英文を作り添削するだけではやはり味気ないでしょう。

 

そこで、ちょっとした工夫でGPTをより楽しくできるのではないかと思い、色々工夫しました。

 

 

点数化してゲーム化する

これが1番大切だと思いました。やっぱり採点方式にしたほうが、うおおお!とやる気が出ましたね。100点満点でどれだけのスコアが取れるのか、にしたほうがよかったです。

 

カラオケであれ何であれ、点数化して一種のゲーム化することで作業がよりエンタメに感じさせるのでしょうね。

 

別の表現を作ってもらう

やはりこちらの答えだけでなく、別解も用意してくれると勉強としてはプラスになると感じました。

別解を見て、違う表現を学習すると明らかに脳みそも刺激を受けていることを実感しました。

つまり印象に残って記憶に残りやすいということです。

 

難易度はTOEFLで指定する

英文の難易度はTOEFLスコアで指定すると、出される英文の難易度がある程度同品質になりました。

例えばTOEFL80と指定すると英検準1級程度、TOEFL100以上と指定すると英検1級程度になります。

ちなみに英検やTOEICで指定するとややブレがあるように思えます。

世界で最も広く使われてるTOEFLで難易度を指定したほうが無難でしょう。

 

文法の解説を作る

おまけです。ある程度上級者になれば不要でしょうが、英語初級から中堅までは文法解説も英作文の手助けになるでしょう。

 

以上を踏まえて、こういう感じになりました。難易度はTOEFL100以上です。

 

英語に限らず、点数化するがGPTをより楽しめる秘訣のような気がしました。

僕が学生時代に戻れば、国語の要約もGPTでゲーム化して楽しんでたと思います。

 

もしよければ活用してください。